現実的な家づくり

より良い家づくりを考えたとき、まずは皆さんモデルハウスを見学しに行き、理想の家のイメージを膨らませる事と思います。
我が家も新築の一戸建て、マンション、リフォーム済の中古住宅などあらゆる物件を見学し参考にしました。
夢の一戸建ては広々として木材の温かみがあり理想に1番近いのですが、現実的に予算を考えるとモデルハウスのようにはいきません。
またマンションは最初から装備が素晴らしく、使われている材料も高級なものばかりですが、集団生活になじめるかどうか心配です。
中古住宅はリーズナブルで理想の間取りを見つければお買い得なのですが、家の躯体自体や建材は老朽化しているので心配です。
結局、家づくりはゆずれない部分と妥協する部分を選択する作業になります。
開放感のある吹き抜けや光沢のあるフローリング材、今流行りのアイランドキッチンなど友人を招いたときに自慢できるような家にしたかったのですが、出来上がった家はとてもシンプルでごく普通の家でした。
たまに来る来客のことよりも普段生活する家族の過ごしやすさや、掃除のしやすさなどを家づくりに取りに入れた結果、普通の家になってしまいました。
もちろん予算が少なかったこともありますが、失敗しない家づくりができたと思っています。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク