家を建てる時に、意外に重要な事。

唐突に家が欲しいと思いました。
家庭環境が変わり、子供が産まれ、狭いアパートが嫌になった頃でした。
何の知識もない私が、まず初めにしたことは、
住宅展示場めぐりと、新聞広告の土地のチラシを読むことでした。
「おっこれいいな」と思うものは、価格が高かったり、すでに決まってしまったものが多かったです。
もう何もかも面倒臭くなった頃、パソコンで売り地を発見しました!
利便性も良かったので、そこにマトを絞り見学に行きました。
見学の際は、数冊購入した、住宅関連の本を参考にし、朝と夕方、両方の時間帯に見学に行きました。
朝と夜では、景色が違って見えるらしく、朝が良くても、夜になると以外に飲み屋が多いなど治安の状態がよくわかるらしいのです。

雨の日も見たかったのですが、時間も余り無いのと、早く決めなくてはいけないという条件もあったので、朝と夕方だけ見学しました。

そして、念のため、親にも見て貰いました。
親の意見など、余り頼りにしていなかったのですが、やはり、第三者の意見は、聞いといて良かったと思います。
私達がマイナスだと思っていた事を、親はプラスと考え、プラスと考えていた事をマイナスと考えるなど、年代の違いならではの意見が聞けたからです。

ぜひ家を建てる際には、自分達だけではなく、信頼できる第三者の意見も参考にした方がいいと思いました。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク