家づくりをする上で重要視したこと

私は10年ほど前に家をつくりました。家づくりをする上で特に重要だと思ったことについて書きます。
 家を買うのは人生においてとても大きな買い物です。その家に一生住むことなのですから、沢山考えなくてはなりません。
 ハウスメーカーや工務店に見学に行き、見積もりを作ると最初に考えていたよりも予算が増えてしまいました。金銭感覚もおかしくなっていきます。先ほども書いたように、一生ものの買い物ですので、それは覚悟した方が良いです。混乱しないように、妥協出来る点と妥協出来ない点をしっかりとメモしておくと良いです。私が家をつくる上で重要視したのは、室内が一定の温度を保てるかどうかの気密性でした。
 それから、家自体もすごく重要なのですが、家を建てる土台も大事なところです。
 私が住んでいるところは昔は澤だったので、土台の改良をしっかりとする必要がありました。東日本大震災が起きたときに家が無事だったのは、土台をきちんとお金をかけて改良していたからだと思います。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク